太陽光発電投資で一発逆転を狙え|実際は堅実なビジネスなのです

人間のシルエットと家の模型

今後はエリアが重要です

集合住宅

エリアが要です

不動産投資で重要なことはエリアです。人口の減少が始まっている時代においては、どのエリアの収益物件を保有するのかということが、これまで以上に大きな意味を持ってきています。格安の地方物件と、比較的高い都市物件であれば、都市物件を保有することがこれからの不動産投資におけるセオリーです。注目するべきエリアとしては、やはり三大都市圏です。この三大都市圏に分散投資をすることを心がけていきましょう。しかしながら、実物の収益物件を三大都市圏に分散して保有するというのは、管理の面から非常に効率が悪くなります。なぜならば、投資主である自分は一人しかいないので、三大都市圏のいずれかに住んでいても、他の2大都市圏に行くには時間とお金がかかるからです。

投資商品でカバーしよう

ただ、三大都市圏への投資を諦めるべきだと言っているわけではありません。実物の収益物件は三大都市圏のいずれかの地域に保有し、他の地域には上場不動産投資信託を通じて投資をすればよいのです。例えば、大阪に集中投資をしている上場不動産投資信託を保有すれば、実物の収益物件は大阪以外のエリアに保有すればよいということになります。大阪は空港も港湾も備えた素晴らしいエリアであるため、大阪の収益物件を取り込んでいる上場不動産投資信託も数多くあります。投資家自身が大阪に疎くても、上場不動産投資信託であれば、運用会社が収益物件の選別をしてくれるので、投資家の知識が投資成果に影響しません。疎いエリアは上場不動産投資信託でカバーするという考えを持てば投資の幅は広がります。